やわらかに零れる、美しの湯 露天風呂

当館の温泉は、美人の湯で知られ、しっとりぬめりのあるお湯が美肌効果をもたらします。 湯冷めしにくくいつまでもポカポカです。
また自慢の露天風呂は、万葉集にうたわれた「歌碑」を題材に名付けられています。
万葉歌に悠久の時を感じながら、露天風呂から眺める絶景の紀淡海峡と、和歌山県の夕日百選の夕日をご堪能下さい。
ご宿泊のお客様には、夕と朝と露天風呂を振り替えておりますので、違った雰囲気を お楽しみいただけます。

露天風呂 潟見の湯|かたみのゆ

昼は大海原に浮かぶ友ヶ島が、夕方には美しい夕日をご堪能いただけます。

潟見の湯の歌碑

【万葉歌の解釈】
『藻を刈る舟が沖を漕いでいるらしい。妹が島の形見の浦に鶴が飛んでいるのが見える』 妹が島は友ヶ島、形見の浦は加太の海岸との説があります。こちらのお風呂は、「形見」の 文字を「干潟」に準えて『潟見』としました。

露天風呂 飽等の湯|あくらのゆ

海を眺め、飽等の浜と、歌に込められた意味に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

飽等の湯の歌碑

【万葉歌の解釈】
『紀伊国の飽等の忘れ貝ではないが、 私はあなたのことを決して忘れない。たとえ年が経ようとも』 飽等の浜とは、加太南方の田倉崎周辺の浜と言われ、歌碑は当館から徒歩約十五分南へ 行った田倉崎灯台の下の海岸沿いに建てられています。

泉質・効能
露天から見る夕焼け
泉質 炭酸水素塩泉(重曹泉)
温度 29℃(源泉)
効能 【浴用】やけど、皮膚病、リウマチ

内湯のご案内

内湯のご案内

大貝の湯|おおがいのゆ

(写真上)真珠貝を模した湯口を囲んだ潟見の湯の内湯です。窓を大きくとってありますので、内湯からも加太の海を望むことができます。 飽等の湯にも内湯がございます。(写真下)こちらもゆっくりと体を温めるのに最適なお風呂です。

日帰り入浴のご案内

当館では、日帰り入浴もお伺い致しております。
手軽に美人の湯を楽しみたい方、ゆっくりと心と体の休憩をしたい方、お気軽にお立ち寄り下さい。 お待ち致しております。

日帰り入浴時間 AM11:00~PM15:00まで
入浴料金 大人1,200円 / 子供700円

和歌山県 加太温泉 ホテル 加太海月 ページの上部へ戻る

ベストレート保証

宿泊日

宿泊人数と部屋数

 大人 名様 部屋


宿泊プラン一覧

予約変更・キャンセル

HPリニューアル記念 嬉しいWeb予約3つの特典

日帰りプラン

団体プラン

お得なダンスプラン

合宿プラン

お問い合わせ

無料送迎

facebook